MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
名古屋を拠点とする設計事務所です。
あそのびハウスの竣工写真、2回目は人が入った写真です。
写真家の鈴木さんが、入居前に続き撮影下さいました。

指示通りに動かない自由気ままなモデルたちが相手とあって、撮影に支障がないか気がかりでしたが、手応えはあった様です。

出来上がる写真が楽しみです!






本ブログでも「あそのびハウス」として進捗をご報告して来た住宅が竣工を迎えます。

ぜひご高覧いただき、ご感想やご意見などをお聞かせいただければと思います。

→終了しました。
 多くの方にご覧いただき、ありがとうございました!
工事も終盤。
この時期、設計者としては決め事は概ね終わり、現場の進行がただただ楽しみな時期となります。


家具・電気・換気・・・様々な工種の職人さんによる関連工事が進み、活気のある現場。


お隣の住宅が外壁改修・・・気づけば何と同色の板張(笑)。

想定外の出来事も色々と起こりますが、監督さんが緊張感をもって現場を取りまとめてくれています。

1月下旬にオープンハウスを計画しております。
あそのびハウスの現場。

日々様々な工種の職人さんが入れ替わりで作業してくださっています。


鉄骨階段がつきました。


開口部のガラスが入り、これから内部の工事が本格化していきます。











『あそのびハウス』の現場、着々と進んでいます。
工事関係者の皆様、暑い中ありがとうございます。


配管工事も進む。


大工さん作、窓枠のモックアップ(実物大試作品)。


ちょっと遠くから眺めて感じをチェック。


外壁の杉板が現場に到着。


ドアハンドルの検討。ユニオンさん作成の塗装サンプル。
インテリアの調和が取れる様、金物を選定します。

みなさんの協力で現場が進行していきます。




1階コンクリートの型枠が外れました。

コンクリートの壁は
型枠の素材の違いで随分と印象が変わってきます。

今回は建物の長辺方向の壁を一般的な打放コンクリートの雰囲気、短辺方向の壁は型枠の種類や割付、そして金物の種類もちょっと特殊なものを選んで、少し荒々しい雰囲気を求めました。



コンクリートの素材感がより引き立って見えてくるのが狙い。
まさにここで生まれた感じを残す生々しい仕上り、
いい感じです。







基礎梁のコンクリート型枠が外れました。
ここまでの工事は、完成時は概ね地面の下に埋まってしまいます。
型枠種類を検討中のため、試しに3種類の型枠でコンクリートを打ってもらいました。











捨てコンクリート打設後のようすです。
立春の本日、地鎮祭が執り行われました。



2年越しに重ねた対話を経て、いいすまいにまとまってきました。ここからは、施工者の皆さんと協力して作り上げていきます。

関係者のみなさま、引き続きよろしくお願い致します!







About us
建築を中心に、家具からまちづくりまで。心地よい生活環境をさまざまなスケールで考え実現することをテーマとしています。
2012.8.20 ホームページが移転しました!
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(02/28)
(02/24)
(01/28)
(01/27)
(11/12)