忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
名古屋を拠点とする設計事務所です。
前回の記事の「パーソナルな場」の演出方法は
具体的に書くと下記のようになる。



上記のような空間の工夫は
建物を計画する上での根幹のコンセプトにはならなくて
あくまで手法の一つなのだけど

ナルホドナという事例のストックが
やっぱり多い方が
より豊かな空間を創りだせる様に思う。

話はそれるが
パブリックな場とパーソナルな場という話題で
思い出されるのが

「ベルリン・天使の詩」の図書館のシーン。

パーソナルである静かな熱気が集まって
図書館というパブリックな場の雰囲気を成している

少し重く、そして静かで知的な興奮に満ちた
あの独特な空気を
ささやき声(本を読む声)の集合で表現している。

ヴェンダースは本当に素晴らしい才能の持ち主だなぁと
観るたび打ちのめされてしまう。
PR
≪  35  34  32  33  31  30  29  28  27  25  23  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  35  34  32  33  31  30  29  28  27  25  23  ≫
HOME
About us
建築を中心に、家具からまちづくりまで。心地よい生活環境をさまざまなスケールで考え実現することをテーマとしています。
2012.8.20 ホームページが移転しました!
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
(02/28)
(02/24)
(01/28)
(01/27)
(11/12)
忍者ブログ [PR]